アップルゲート セルロース断熱のはなし①

こんにちは😊

先日の台風10号では被害が心配されましたが、事前の準備もあってか、宗像福津周辺ではさほど大きな被害もなく終わったようで良かったです。

ただ、県外ではお亡くなりになられた方もおられたので、やはり自然の脅威を感じます。

もうしばらく台風シーズンのようですので、今回の備えを継続していかないといけませんね。

どうぞ皆さん、お気をつけてお過ごしください😌

さて、今回からセルロース断熱のお話をさせていただこうと思います。

まず今日は、セルロース断熱の原材料のお話です。

現在、住宅に使用されている断熱材は様々なものがあり、そのほとんどが化学物質で作られたものです。

それに対して、アップルゲートセルロース断熱の材料は自然の木の繊維❣

アメリカの新聞紙を使用しています。

「アメリカ」というのがポイントです☝

なぜアメリカの新聞紙を使用しているのかというと、再生紙ではないからです💨

日本の新聞紙は、ご存知の通り再生紙を使用しています。

古紙を再生紙にする際に、薬品を使用して一度溶解します。

その時点で材料に化学物質が混ざってしまうのです😞

自然素材にこだわっているから、「アメリカの新聞紙」を使用しているのです‼

また、アメリカの新聞紙には完全な形状のセルロースがたっぷりと含まれています。

ウォール・スプレーという工法で吹き付けて施工するため、繊維同士が絡み合って接着剤が活性化されるのです。(ここについてはまた後日に詳しく😊)

新聞紙以外の材料としては、

○ホウ酸…乾性防火剤、防虫効果

○PF24(米国特許)…人体に無害な液体耐火材、防カビ効果

○澱粉…接着剤

いずれも人体に無害で、自然由来の材料です。

化学物質を含まない安心安全なアップルゲート セルロース断熱✨

今日は材料のお話でした🤗