アップルゲート セルロース断熱のはなし②

こんにちは😊

前回セルロース断熱の材料の話を書いてから、

ずいぶんと日が開いてしまいました😅

お久しぶりですが、今日はセルロース断熱の第2弾をお送りしようと思います😉

セルロースにはたくさんの性能がありますが、

今日はその中でも一番の売り✨✨✨

断熱性能についてご説明いたします☝

断熱の役割は、住宅の温度変化をできるだけ小さくすることです。

アップルゲート セルロース断熱は、

「伝導」、「対流」、「輻射」による熱の移動を効果的に

しっかりと阻止してくれます👍👍👍

「伝導」とは、熱が物質の中を伝わる現象です☝

熱の伝わりやすさを示す「熱伝導率」は

0.0398 W/(m・k)✨

あまりピンときませんよね💦

この熱伝導率は、数字が低いほど熱が伝わりにくいことを表しています💨

一般的に使われてきた断熱材 グラスウール16K の熱伝導率は

0.045 W/(m・K)なので、

アップルゲートセルロース断熱の方が断熱性に優れていることが

数値を見てもお分かりいただけると思います🤩👍✨

次に「対流」阻止についてです☝

対流とは空気の流れで熱移動する現象のことです。

上昇した空気の熱が天井から逃げてしまうと対流が止まらず

いくら暖房しても足元がいつまでたっても寒いまま、

という状況になってしまいます😥💦

この対流を阻止するには住宅を隙間なく断熱することが必要です❗

天井や屋根裏のアップルゲートセルロース断熱は、

セルロースの冷めにくい性質と高密度施工で

熱が天井から逃げるのを阻止しているのです🖐

少しの暖房でお部屋全体が暖かく保たれるのです😍

最後に「輻射」についてです☝

夏に室内が熱くなるのは太陽熱の輻射によって屋根が熱せられて

その熱が輻射によって天井に移動し、

さらに温度の低い室内へと移動するからです🌞🌞🌞

屋根裏のアップルゲート セルロース断熱は、

セルロースの暖まりにくい性質と高密度施工で

屋根裏の熱が天井を介して室内に移動する速度を遅くしてくれます😉

その結果、室内温度の上昇を抑え、

快適な空間と冷房費の大幅な削減につながるのです😍✨

以上の3つの阻止によって、とても優れた断熱性を持っている

アップルゲート セルロース断熱✨

全力でおすすめいたします‼

次回は防火性能についてお話しますので、お楽しみに😊‼ 

手形式

皆さんこんにちは😊

今週は少し気温が上がり、過ごしやすい日が続くようです☺

逆に洋服選びに困ってしまいそうですが、

過ごしやすいのは何よりです🌞

さて、施主様のご厚意により

先週末に完成見学会を開催させていただきましたが、

その後、施主様に無事お引き渡しすることができました✨✨✨

ここ最近、弊社ではお引き渡しの際に、手形式を行います🖐🖐🖐

完成したお家の柱に、ご家族の手形をお付けいただくのです🖐

新築の記念に…✨

今回の施主様は、お子様がまだ小さいので、

ご両親やスタッフが総出でサポートし、

素敵な手形が完成しました❣❣❣

お子様の成長とともに、

この日のことを懐かしく

ご家族で語らっていただければ嬉しいです😍

施主様、新築おめでとうございます🤗❤